2015年02月23日

禅の悟りとは

禅で言うところの「悟り」とはなんだろうか?

悟りとは、ある心の状態とか境地のことではない。

禅と言えば坐禅である。

しかし、坐禅とはあの坐ることだけではない。

現成公案(げんじょうこうあん)とは、日常生活の中にこそが修業であり坐禅であると言われる。

坐禅とは、人間の様々な見解(観念)を離れて本当の自分を発見することである。

それは、日常生活の中にある。

例えば、お茶を飲むとお茶の味がする。

お茶を飲んでビールの味がする人はまさかいまい。

あるいは、ピアノの音を聴く。

空を見上げて雲を観る。

人間は、自分の意思の力でビールを味わえるとか、ピアノの音を聴くと思っている。

果たしてそうだろうか?

自分で考える前にビールを飲むとビールの味がするしピアノの音を聴こうとする前に聴こえているのである。

そうした本来の自分の機能に学べば良い。

よく考えれば、自分で考えて成し遂げられたことは何もない。

ごはんを食べることすら出来はしまい。

そう自分が考えなくてもすべては完璧になされている。

そうした考える自分つまりエゴ(自我)が死に切ってしまうときがくる。

そのとき、自分は生きているだろうか?

生きている。

エゴではない本来の面目(自分)になったとき悟るのである。

その後、当然認識は戻ってくる。











ラベル: 悟り
posted by あおぞら at 23:27| Comment(0) | 悟り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引田天功さん大けが



引田天功さん、最近日本のテレビには登場しませんが、かわいそうに大けがをしたんですね。

短剣が眼に刺さりそうだったなんて怖いですね。

びっくり仰天です。

アメリカではアニメにも登場と人気物なんです。

引田天功さんでも失敗はあるんですね。

逆にそのことに驚きました。

でも、重症とは言え助かって良かったです。
posted by あおぞら at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の内側(内面)に真実がある!

 インドの聖者ラマナ・マハルシは、かってこう言いました。

「心が内側に向かえば真我であり、外側に向かえば自我、そして世界となる。」

真我とは本当の自己(自分)のことで、自我とはエゴのことです。

内側の世界、つまり自分の内面(心持ち)が真実の世界である。

外側の世界は自分の内面の反映であるということです。

なにも難しいことを言っているのではなく、私たちが普段日常的に考えていることが

外側の現実世界に現実化すると言っているだけです。

ひと昔前に流行った「引き寄せの法則」です。

バシャールが言っているような「ワクワクすることをしなさい」です。

外側の現実世界、言いかえれば物質世界は内側の精神(こころ)の世界の反映です。

外側の世界に気をとられすぎないことです。

内側が大事なのです。

心の持ちようが大事なのです。

しかし、それが難しいですよね!

それでは今日はここまでにします。



posted by あおぞら at 00:13| Comment(0) | 悟り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

私は誰か

私は、なぜ生まれてきたのだろうか?

そう考えてみる。

いろいろ考えてみた。

その結論は経験するためだ。

この地球で恋もしたし失恋もした。

楽しいことも悲しいことも経験した。

そして、この経験をしている主体は誰なのか?

他の誰でもない「私」なのだ!

今日もいろいろな考えた。

「つまらないなあ〜」「今月お金がないなあ〜」「仕事に行きたくないなあ〜」

この考えは誰が作ったのだろうか?

友達でもない。

自分の親でもない。

誰なのか?

私しかいない。

そうだ!

こうして自覚をしてみよう!



ラベル:悟り
posted by あおぞら at 12:58| Comment(0) | 悟り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。