2015年02月23日

自分の内側(内面)に真実がある!

 インドの聖者ラマナ・マハルシは、かってこう言いました。

「心が内側に向かえば真我であり、外側に向かえば自我、そして世界となる。」

真我とは本当の自己(自分)のことで、自我とはエゴのことです。

内側の世界、つまり自分の内面(心持ち)が真実の世界である。

外側の世界は自分の内面の反映であるということです。

なにも難しいことを言っているのではなく、私たちが普段日常的に考えていることが

外側の現実世界に現実化すると言っているだけです。

ひと昔前に流行った「引き寄せの法則」です。

バシャールが言っているような「ワクワクすることをしなさい」です。

外側の現実世界、言いかえれば物質世界は内側の精神(こころ)の世界の反映です。

外側の世界に気をとられすぎないことです。

内側が大事なのです。

心の持ちようが大事なのです。

しかし、それが難しいですよね!

それでは今日はここまでにします。



posted by あおぞら at 00:13| Comment(0) | 悟り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。